遺伝によって引き起こされるAGA|満足度が高い仕上がり

このエントリーをはてなブックマークに追加

抜け毛に良い銅ペプチド

困る男の人

睡眠不足が良くない

薄毛の原因のひとつに睡眠不足があり、満足に寝れていない人に毛が薄くなる人が多いとされている。毛が成長するのに必要なホルモンがじゅうぶん分泌されずに抜け毛を増やしてしまうという。睡眠時間をたくさんとっているにも関わらず薄毛になるという人は、睡眠の質が落ちていることが考えられる。いくらたくさん寝ても眠りの質が悪ければ、ホルモンを分泌させることができない。質の良い睡眠をとるためには、就寝の2時間前に部屋のライトを暗くすると良い。こうすることで眠りがぐんと深くなり、心地よく眠れるようになるという。 ストレスが原因の薄毛はまだらにはげることが多く、発見が遅くなるのがこのタイプのデメリットとも言われている。

育毛剤の注意点

ストレスが原因の薄毛は、まず精神的に強くなることが重要となる。発散方法や発散場所を考えつつ、毛を育てる成分を育毛剤で与えてケアをする。現在は育毛成分の銅ペプチドが業界内でも話題で、この成分が使用されている商品が増えている。どんな原因にも対応できる成分で、使い続けるとてっぺんハゲやおでこが後退したハゲも解消されていくという。育毛剤は間違った使い方をすると成分の力がいかされないことがある。よくあるのが、頭皮が濡れている状態で使用してなかなか毛が生えてこないということである。頭皮が湿っていると育毛剤が水分で薄くなって、効果が弱くなってしまう。指先が濡れたままマッサージをするのも効果を弱めてしまう原因となる。