遺伝によって引き起こされるAGA|満足度が高い仕上がり

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性も悩む髪のトラブル

男性の髪

体内物質による脱毛症

近年、男性型脱毛症のメカニズムについて様々な研究が進められており、遺伝的な素因と男性ホルモンの体内変動が重要な関わりを持つと考えられています。こうした内容を踏まえて、男性型脱毛症の進行を食い止める薬が使用されています。一般的に男性の前頭・頭頂に起きる変化と考えられていますが、女性に起きる薄毛や脱毛の中にも女性の男性型脱毛症がある見方が注目されています。女性の体内にも少量ながら存在する副腎性の男性ホルモンの影響から注目度が高まり、aga治療では女性目線でも取り組みがスタートしています。aga治療に関して主な原因物質となるのがジヒドロテストステロンで、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼによって変化した物質で、薄毛の症状を進行させています。

2つのタイプ

脱毛に悩む男性にとって、aga治療は進行を抑制させるために必要な治療と言えます。髪の毛が成長する前に抜けてしまい、酵素5αリダクターゼの働きによって薄毛は進行します。注意したいのは、酵素5αリダクターゼには2つのタイプに分類される点で、aga治療法に違いが生じます。全身の皮脂腺に広く分布する1型に対し、2型は前頭や頭頂部の毛乳細胞、毛母細胞と前立腺にだけ存在しています。2型が進行することで男性型脱毛症の症状は進行してしまうため、1型の一時的な脱毛との違いが挙げられます。aga治療では2型のみを抑制する薬物療法が展開されており、成長期が短縮してしまっていた髪の毛が簡単に抜けずに育つことで毛根もしっかり育つ効果に繋がるようです。